那賀町の特産品相生ばん茶摘み体験

7月5日、クラブコルツがばん茶摘み体験を行い、地元那賀高校の2年生福祉コースの10名が
参加し、地域おこし協力隊と共に摘み取り作業を体験しました。
DSCN4197 - コピー
DSCN4221 - コピー
DSCN4223 - コピーDSCN4226 - コピー
地元の方に摘み方を教わり、蒸し暑い中みんな汗だく💦になりながら一生懸命
摘み取り作業を行いました。
DSCN4247 - コピーDSCN4250 - コピー
1時間弱という短い時間でしたが、茶畑がきれいさっぱり!
みんなの頑張りでたくさん摘めました。
これを一日中、何日も暑い中作業されている農家の方の大変さを感じます((+_+))

今日は、
摘み取りした茶葉で、「炒り茶」作りが行われました。
この炒り茶は、昔、茶摘み作業の際作って飲まれたりしていたようです。

~~~今回作った炒り茶の手順~~~
水洗いした生葉を電子レンジにかけ(蒸し行程)、手揉みし、ホットプレートで水分をとばし
(乾燥工程)完了です。
DSCN4270 - コピーDSCN4279 - コピーDSCN4287 - コピーDSCN4290 - コピー
みんなで作ったお茶は、香ばしい香りを感じる美味しいお茶になりました。




相生晩茶は、徳島県那賀郡那賀町で栽培されています。
本来、相生晩茶は、摘んだ茶葉を蒸して揉んだあと、茶葉を木桶で漬け込み、乳酸発酵させ、
これを7月~8月の晴れた日に茶葉をむしろに広げて天日乾燥させ、完成します。
あいおいばんちゃ1
この製法の茶は、『後発酵茶』と呼ばれ、全国的にも珍しいものです。
乳酸発酵は、カフェインが少なく、お腹に優しいのが特長で、お子様からご年配の方まで
安心してお飲みいただけます。


相生晩茶の起源は不明ですが、弘法大師が中国から伝えたという説もあります。
2004年に徳島県から県伝統的特産品の指定を受けました。
ばんちゃ (1) ばんちゃ (2)
夏はアイス、冬はホットで🎵
今年の夏も、できたての相生晩茶を味わうのが楽しみですね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

那賀町観光協会PR担当

Author:那賀町観光協会PR担当
〒771-5295
徳島県那賀郡那賀町和食郷字南川104-1
那賀町役場内
Phone: 0884-62-1198
HP:http://i-naka.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム