ナカの山中に謎の鍾乳洞!

ナカにナゾの鍾乳洞あり!その名は桃源洞

今年も残りわずかとなりました。
やり残したことはないかと辺りを見まわし、大急ぎで片付けています。

さて、ナカ(徳島県那賀町)奧を流れる坂州木頭川のほとりで、
源泉100%の湯けむりをあげる、ほどよく遠い隠れ家的温泉『四季美谷温泉』が
主催する観光登山シリーズ『木沢の山と花と温泉ツアー』も、
無事故記録を伸ばしつつ、今年のシリーズを終えたそうです。

ツアーリーダーの地下足袋王子さん、そしてツアーを支えた
NPO法人剣山クラブのみなさん、お疲れ様でした。
また来年も、ナカの山々、自然の魅力を多くのみなさんにお伝えください。

というわけで、地下足袋王子さんから、すごい写真が届きました。
ご覧の通りの鍾乳洞『桃源洞』です。先日の木沢の山と花と温泉ツアーで、
足を運び、探検気分を満喫したそうです。

場所は、ナカの木沢・高野地区にそびえる
西三子山(標高約1349m)の南陵山腹(通称ヒヅカ山)に
断崖が切り立つ標高約1000m付近


桃源洞が口を開く高野地区では、昔から
「ヒヅカ山の中腹に大きな洞穴(ほらあな)があって、そこに大蛇が棲んでいる」
とか
「洞穴の入り口に白髪のおじいさんが住んでいて、人が近づくと、来るな来るなと手を振る」
などの伝説が語られていました。

その伝説が、現実となったのは、今から約55年ほど前。

旧木沢村史によれば、『桃源洞』と名付けられた、
この鍾乳洞が発見されたのは昭和30年7月3日のこと。
旧木沢村高野地区にそびえる通称『ヒヅカ山』の山腹で、
高さ5m、幅7mの不気味な口を開けていたそうです。

その後の調査によって、洞窟は二層に別れ、
深さは約85mにも及んだと記されています。

現在、鍾乳洞周辺の登山道は整備されていないため、
個人で訪ねることは難しく、危険カ所もあり、おすすめできません。
木沢の山と花と温泉ツアーでは、来シーズンも登山ルートとする予定だそうですので、
ルートが組まれた際、ツアーに参加されてみてはいかがでしょう。

ツアー情報はコチラ→観光登山シリーズ『木沢の山と花と温泉ツアー』

_MG_6673.jpg
▲鍾乳洞『桃源洞』の入り口

_MG_6708.jpg
▲地下足袋王子こと、四季美谷温泉支配人の平井滋さん

_MG_6741.jpg
▲洞窟は、ずっと奧まで続いています

_MG_6748.jpg
▲木沢の山と花と温泉ツアーでは、桃源洞ルートが組まれることも。個人での見学はおすすめできません。

------------------------------------------------------------------------
●田舎料理とあったかい湯のおもてなし
木頭ゆずやアメゴ・シカ・イノシシ、季節の山菜を生かした田舎料理を、
町内で湯煙をあげる名物温泉の湯とともにお楽しみいただける、
徳島県那賀郡『那賀町』においでください。みんなでお待ちしていまぁ~す!
お問い合せ先はコチラ→那賀町観光協会(電話0884-62-1198)
------------------------------------------------------------------------




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

那賀町観光協会PR担当

Author:那賀町観光協会PR担当
〒771-5295
徳島県那賀郡那賀町和食郷字南川104-1
那賀町役場内
Phone: 0884-62-1198
HP:http://i-naka.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム