天然鮎

DSC_0038_20110704101751.jpg 

7月4日(月)
初物 いただきましたぁーーー
7月1日のクチアキの日に釣り上げた ”天然アユの塩焼き”です
那賀川上流は、水質の良さから良質のコケが繁殖していて
ここで育ったアユの味は絶品なんですよ
ぜひ、ご賞味ください。

DSC_0035.jpg
▲ 友釣りで釣り上げた天然アユ

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
★ まるい旅館
  〒771-5406
  徳島県那賀郡那賀町延野字王子12-1
  電話 0884-62-0031 FAX 0884-62-0777
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

化粧塩

ここ数カ月、ずっと見ています。
今日も霧越峠を越えて、海川から高の瀬峡まで行ってきました。
鮎は骨が軟らかくて、しかもこの時期の鮎は小ぶりなので、
姿良く見せるために鰭に化粧塩をする必要はないと思います。
かえってじゃまになる。
今の時期は頭から尻尾まで、すべて食べられます。

和三郎 様

コメントをいただきありがとうございました。

霧越峠を越えられて高の瀬峡まで来られたということは、
和三郎さんは、海部郡の方なのでしょうか?

私も小さい頃から鮎が大好物でしたが、
頭と尻尾は残していました(^^ゞ
ウルカ(鮎の内臓)も美味しいですよね!!
今度は、化粧塩をせず、頭から尻尾まで
挑戦してみますi-236
プロフィール

那賀町観光協会PR担当

Author:那賀町観光協会PR担当
〒771-5295
徳島県那賀郡那賀町和食郷字南川104-1
那賀町役場内
Phone: 0884-62-1198
HP:http://i-naka.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム