相名峠 ~三つの相名坂トンネル~

20120207132143087_0001_20120207131902.jpg  
▲ 簡単な断面図(正確なものではありません)画像をクリックしてください。
   峠の下へ下へと新たなトンネルを建設

平成24年2月5日に全面開通した県道鷲敷竹ヶ谷線の『相生トンネル』は、相名峠に開通した3番目のトンネルで、今までに二つのトンネルが存在します。

一番目のトンネルの開通についてはっきりした年号はわかりませんが、明治27年ごろに造られた手掘りのトンネルで、馬車荷車などにより、荷物が運搬されていました。現在も形は残っていますが、トンネルの西側入口は崩れた土砂で埋まっています。

二番目に造られたトンネルは、昭和14年8月9日に竣工し、古いトンネルより約50m下に位置し、この道路の開通までは徒歩であったものが自転車となり、戦後はオートバイ、自家用車へと交通の様相は大きく変わり、バスも通うようになり一日で徳島市へ往復できるようになり、重要な生活道路となった。

今年開通した三番目のトンネルは二番目のトンネルより約20m下に位置し、造られた目的は、相生トンネル(二番目)は4mの幅員しかなく片側交互通行になっているため、路線バス・スクールバスの安全な通行が十分に確保できない状況にあったので、徳島県は、相生トンネルを含む1.2km区間のバイパスを整備し、安全で確実な通行を図りるためです。

このような三つのトンネルが貫通している峠って大変珍しいと思いませんか

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

那賀町観光協会PR担当

Author:那賀町観光協会PR担当
〒771-5295
徳島県那賀郡那賀町和食郷字南川104-1
那賀町役場内
Phone: 0884-62-1198
HP:http://i-naka.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム