第24回木頭杉一本乗り大会、開催間近!

000.jpg
▲木頭杉一本乗り大会のマスコットキャラクター『ガロ』。ガロは、那賀川やその支流に棲んで
いると地元のみなさんに信じられている妖怪?生き物?で、カッパの親戚です。

ナカ(※)ファンのみなさん、こんにちは。
このところあたたかいというより、暑い日が続き、
しっかりと夏が近づいているのを感じます。
(※)ナカは徳島県那賀町の愛称です。

そこで質問です。
ナカの夏を彩る風物詩的イベントと言えば?

「エキサイティングサマー・イン・ワジキ」
「はい、その通り」

「相生まつり」
「おっ!吹き筒の花火に心躍りますね」

「黒滝寺まつりに木頭おどり」
「ほ~、シブイところをご存じですね。盆踊りに風情があります」

「木頭杉一本乗り大会」
「はいっ!今回の大正解!」

というわけで、那賀川上流の木頭和無田・木頭診療所前の河川を舞台に
恒例の木頭杉一本乗り大会が開催されます。
今回で24回目となる恒例イベントで、内容は文字通り、木頭杉の丸太に乗って
那賀川を下るというもの。かつては、山で切り出した木材を、流れを利用して
下流に運んでいました。その技術を、今に伝え、そして未来に残そう!
かつ、楽しんでしまおう!というのがイベントの趣旨。

気になる本大会は8月1日(日)・午前9時から。
ただし、ぶっつけ本番で丸太の上に立ち、流れを下るのは難しいかも。
そこで、6月13日(日)、27日(日)の午後1時頃からと、7月の毎週日曜日午後1時、
および7月17日(土)午後1時、18日(日)午前9時頃から、
地元の木頭杉一本乗り名人が、実践指導してくれる講習会が開かれます。
いずれも雨天の場合、中止あるいは順延。

那賀川の流れと、木頭杉と、名人と親しむ講習会に参加し、
来る本番に備えてはいかがでしょう。
多くの皆さんの参加(申込先着100名まで)をお待ちしています。

木頭杉一本乗り大会について詳しくは、
事務局・那賀町役場木頭支所内(電話0884-68-2311)まで、お問い合せください。



_6038231.jpg
▲木頭杉一本乗り保存会会長の福井功さん。一本乗り名人です。

_6038241.jpg
▲こちらも一本乗り名人の田中義雄さん。地下足袋が全く濡れていません。

_6038247.jpg
▲講習会、大会本番に向けて、保存会のみなさんも準備に余念がありません。
写真前列右端は保存会の井上淳二さん、前列左端は事務局の関口公司さん。

_6038251.jpg
▲講習会や大会本番では、地元の食材を使った、名人たちの『愛情たっぷり汁』が振る舞われます。
具材は、その日のお楽しみ!ぜひ、ご参加ください。参加料は、当日受付1000円です。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お世話になりました

3/31で退職された関口公司様
この度四国歩き遍路では大変お世話になりました。伊島出身の先生のお話までお聞きしとても懐かしく思いました。また筏流しよりもまだその手前に「一本乗り」があり産業を支えていたことを知ったこともとても嬉しいことでした。このメールが関口さまに届きますよう祈ります。ありがとうございました。神野武男
プロフィール

那賀町観光協会PR担当

Author:那賀町観光協会PR担当
〒771-5295
徳島県那賀郡那賀町和食郷字南川104-1
那賀町役場内
Phone: 0884-62-1198
HP:http://i-naka.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム