ナカの民話 episode1  「蛭子神社の大木倒し」

皆様は神話や都市伝説、怪談話は信じますか?
信じる信じないは別として、この手の話は好きな方が多いと思います(゜_゜#)
私は大好物ですけどね!笑


今回はそういった那賀町の様々なジャンルの昔話、
いわゆる民話を集めた那賀町の合併記念誌をご紹介致します。
img002.jpg


こちらの記念誌、300以上もの話が詰まっていて、とても面白い内容でした♪
これからはこちらのブログ旅で訪れる場所ごとに民話や神話を混ぜていきたいなと、、、

単に私が好きなだけなんですが、
素朴な場所などもこういった不思議な話を織り交ぜることで違った見え方ができて面白いのではないでしょうか!?




本日は以前ご紹介した蛭子神社にまつわる民話をお話し致します。。。



episode1 「蛭子神社の大木倒し」

旧鷲敷町の東に大木が生い茂る蛭子神社の森があり、そのすぐ下の那賀川には昔、今よりももっと澄んだ綺麗な川が流れており、6~10月には沢山の鮎が泳いでいた。
その鮎を取って暮らしを立てていた人々も少なくはなく、夜釣りに出向く姿がよく見られた。






ある夜更けのこと、その森の下で鮎を取っていると、、、







「パリパリッ。」








と、今にも大木が折れて頭上に倒れてくるような大きな音がするので、人々は度肝を抜かし家へ逃げ帰った。






翌朝、倒れた大木の様子を見に昨夜の場所に行ってみると。。。








大木が倒れているどころか、全く元のままだった。





ここには古くから大木倒しの狸と呼ばれる狸が住んでおり、このように夜釣りに来た人々を悪戯で驚かせて楽しんでいたのだった。



その度に



「蛭子はんの大木倒しにやられたぁ!」



と人々は頭を抱えていたのだった。。。    




END.




蛭子神社にこんな話が!と思った方も多いのでは?
蛭子神社2 005

蛭子神社2 004



昔から蛭子神社は今以上に整備されておらず、乱雑に木々が生い茂っていて、
おまけに街灯もない真っ暗な闇夜。
夜釣りで訪れる人々は少なからず不気味に感じていたのではないでしょうか?

そんな中風などでゆれた木々がきしむ音が余計に恐ろしく感じてもしょうがないですよねf(^_^;)




ちなみに、




那賀町を含む徳島県の狸は、様々な民話や伝説に登場しており、
どの狸も人の人智を超えた力があったと記されております。

今回の大木倒しの狸もそういった類の不思議な力を持っていたのかもしれませんね。






今回ご紹介した話は少しほのぼの感がありましたが、


話の中には震え上がるような怪談話もいくつかございました(-.-;)


まぁその話はまた後日ということで、、、





ではではまた明日もナカでお会いしましょう\(^o^)/





「蛭子神社の大木倒し」
参考文献:那賀町合併十周年記念誌【那賀町の民話】401ページより

テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

那賀町観光協会PR担当

Author:那賀町観光協会PR担当
〒771-5295
徳島県那賀郡那賀町和食郷字南川104-1
那賀町役場内
Phone: 0884-62-1198
HP:http://i-naka.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム